えひめの食財ファイルとは

はじめに

愛媛県では、首都圏等での県産食材の販路拡大等を図るため、平成22年度~24年度に、「首都圏市場への『えひめ食材』参入促進事業」に取組みました。
この事業は、県産食材を売り込んでいくため、首都圏等に拠点を持ち、販路開拓を担当する受託事業者と連携し県外での販路を開拓するとともに、県産食材の受発注、集荷、配送、代金決済を担当する県内の事業者を育成し、県産食材取扱窓口の一本化及び流通コストの低減等を図ることを目的としたものです。
このサイトは、県下のこだわりの食材とその生産者を首都圏等に広く紹介するため、「隠れた『えひめ食材』発掘事業」の業務委託者で、県下の食材について深い見識を持つシニア野菜ソムリエの近藤路子さんの協力を得て作成されています。

ページトップへ戻る

首都圏市場への「えひめの食材」参入促進事業の各事業 [事業は終了しています。]

1 首都圏向け「えひめの食材」集荷・配送テスト便運営事業

生産者個々による宅配便を利用した取引では、物流コストが高くなるとともに、販売先の納入事務も煩雑になり、継続的な取引の実現が困難になっています。

このため、飲食店等側からの受注を受け、愛媛のこだわり農産物等を取りまとめてトラック便等で首都圏等へ配送するとともに、合わせて生産者の代わりに、代金決済、クレーム対応等が仲介できる事業者を育成します。
【受託事業者】ベルグアース株式会社

2 「えひめの食財」の販路開拓支援事業

上記の首都圏向け「えひめの食材」集荷・配送テスト便運営事業で集荷・配送される愛媛のこだわり農産物等を継続的に売り込むため、首都圏の量販店等に「愛媛コーナー」等を設置し、実際の販売を通し、首都圏等の消費ニーズを把握するとともに、新たな販売先の開拓や取扱品目及び販売量の拡大を図ります。
【受託事業者】ベルグアース株式会社、(株)ひこうき雲

3  隠れた「えひめの食財」発掘事業

生産現場を良く知る県地方局普及指導員や市町担当者等からの情報提供を基に、愛媛のこだわり食財を取材し、県外のバイヤー等に紹介する記事としてとりまとめ、ウエブ上で紹介する食材カタログを作成します。 
【受託事業者】近藤路子氏(シニア野菜ソムリエ)

事業による食材物流のイメージ

事業についてのお問い合わせ先 [事業は終了しています。]

〒790-8570 松山市一番町4丁目4番地2 愛媛県農林水産部ブランド戦略課流通戦略係
TEL(089)912-2569 FAX(089)912-2561

ページトップへ戻る

参画者の紹介

ベルグアース株式会社

http://www.bergearth.co.jp/

野菜苗を全国販売し、接木野菜苗出荷量日本一を誇るニッチトップ企業。平成13年に野菜苗の「販売」と「研究開発」を目的に設立し、平成17年からは自社農場での「生産」を開始。現在、愛媛・長野・岩手の自社農場と、全国17カ所の提携農場で生産し、日本最大級となる野菜苗植物工場(閉鎖型苗生産施設)も含め、全国各地への野菜苗販売を行っている。

(株)ひこうき雲  

あぐりすとクラブのアドバイザー 岡田真一郎氏が代表を務め県内外の食品メーカー等にマーケティング支援サービスを提供。

近藤路子氏(シニア野菜ソムリエ)

http://ameblo.jp/suehirogari

2004年県内初の野菜ソムリエとなり、2008年には最上位資格 「シニア野菜ソムリエ」を中四国以西で初取得。
※「愛あるブランド農産物」認定審査委員などを経て、 農政・食教育分野での講演や料理教室・多数のテレビ出演などで愛媛の農産物の魅力を広く発信している。

えひめ食の大使館

えひめ食の大使館

http://www.aifood.jp/img/top_new/2013/syoku_no_taisikan.pdf

えひめ愛フード推進機構が、県食材の知名度向上や消費拡大を図るため、大都市圏において、愛媛県産農林水産物等を積極的に取り扱っている飲食店や販売店を「えひめ食の大使館」として認定する制度です。

ページトップへ戻る
Copyright (c) 2010 Ehime prefecture. All rights reserved.